重版出来!とは

タイトルの「重版出来!」は「じゅうはんしゅったい」と読み、

いわゆる「増刷」のことで、同じ版を使用・同じ判型・装丁で刷り直すことです。

本が売れていることの証明であり、出版に携わる作家(漫画家)、

編集者、営業担当などにとってとても嬉しいできごとです。

 

この漫画は、小さい頃から柔道一筋に打ち込み、

オリンピック代表にもなった黒沢心が、ケガを元に柔道をあきらめ、

大手出版社に就職するところから始まります。

黒沢心自身、柔道を始めるきっかけが子供の頃に読んだ漫画だったこともあり、

漫画への情熱、愛情がいっぱいで、その熱意が認められ、

週刊コミック誌「バイブス」編集部に配属され、

編集者として学び、成長していくという熱血OLストーリです。

 

黒沢心の魅力

黒沢心は、体育大学の柔道部に所属していたばりばり体育会女子で、

見た目や立ち振舞いの印象から「小熊」というニックネームをつけられ、

誰からも可愛がられます。性格は明瞭闊達で前向き、

正義感が強く、間違ったことや理不尽なことが大嫌い。

 

そんな黒沢心の最大の魅力は、何事にも一生懸命なところです。

自分の所属する「バイブス」編集者や自分の担当する漫画家さん、

そして漫画を売るために頑張ってくれる裏方さんたちに対して、

持ち前のガッツで、真正面からぶつかり、巻き込んでいきます。

 

仕事の場において、人を巻き込む方法というのは色々ありますが、

黒沢心は、「一生懸命さ」で人を巻き込んでいきます。

 

一生懸命にさせることの難しさ

仕事に必要な知識や技術、ノウハウについては、教育で教えることができますが、

「一生懸命に働く」ことの大切さというのは、伝えるのが難しいものです。

 

「重版出来!」でも社長が、組織に向いていない学生の特徴として、

「器用で優秀で瑕疵(欠点)もないが、自己評価も異常に高い」という表現をしています。

器用さや優秀さで、何となく乗り切ってきた人間は、

一生懸命に何かをすることを恰好が悪いと考えることが多く、

そういう人に一生懸命になることの大切さを説いても、なかなか分かってもらえません。

 

そういう人を変えることが唯一できるとすると、

一生懸命仕事をする姿を見せることしかありません。黒沢心は、それができる人なのです。

 

「頑張れ」という言葉は禁句?

ある時、ある漫画を売り込むために、黒沢心は営業部のお手伝いに回されます。

そこで、小泉という営業マンと一緒に仕事をするのですが、

彼は自分がしたくない営業の仕事に就かされ、仕事にやる気を見いだせず、

仕事も受け身で、書店さんから「ユーレイ」(=存在感がない)と言われていました。

 

そんな小泉が黒沢心の口にする「頑張れ」という言葉が嫌いであるという話をします。

メンタルヘルスの世界などでも、

気軽に「頑張って」というのは人を追い込むから気を付けるよう言われているので、

今どきの発言としてよく分かります。黒沢心は、

それに対して、「頑張ってと声をかけてもらえたら、頑張ろうと思います。

 

頑張って、頑張って、声をかけてくれた人に喜んでもらおうと思います。」とても単純ですね。

その答えを聞いた小泉は、黒沢心の「頑張れ」という言葉を受け止める強さの理由を考え、

何度も何度も打ちつけられて、投げつけられて、

それでも負けないという情熱の存在に気づきます。

 

そういう視点が増えると、自分の周りにいる仕事に対して、

真摯に一生懸命取り組んでいる人の姿が目に入るようになり、

本気で仕事をすることに大切さを理解した小泉は、

能動的に仕事をするようになり、それが結果に繋がります。

黒沢心の一生懸命頑張る姿が小泉の人生を変えたわけです。

 

一生懸命をきちんと評価すること

一生懸命頑張ることの大切さを浸透させたいとしたら、

一生懸命頑張ること自体をきちんと評価してあげることが大切です。

一生懸命頑張ることができない人というのは、

頑張っても頑張らなくても変わらないと考えている人たちです。

 

一度死にもの狂いで頑張って結果が出た人は、その喜び、

興奮の大きさを味わえるので、放っておいても頑張れるようになります。

 

問題は、残念ながら結果が出なかった人です。

そういう人には、結果がでなかったことをひとまず横に置き、

一生懸命頑張ったことをきちんと評価してあげる必要があります。

結果が伴わないと良い評価を与えられないという事情がある場合でも、

頑張ったことを認めてあげることが大切です。

 

一生懸命することは誰でもできる

知識や経験のない、極端な話、昨日入社したばかりの新人さんでも、

自分の与えられた仕事を一生懸命することはできます。

自分がやりたい仕事でない場合に、つい一生懸命を怠りがちになりますが、

そこで手を抜く人にはチャンスは回ってきません。

誰よりも一生懸命働いていると胸を張って言えるようになること。

それが仕事で輝き、結果を出す近道だと思います。

 

ブックメーカー画像