驚くべき快挙がありました。アイドルメタルグループのBABY METALが

イギリスのウェンブリーアリーナでの日本人アーティストとして初の公演を行いました。

これはかなり凄い事でこのアリーナではストーンズや

クイーンなどレジェンド級のアーティストの講演が

行われた会場でのパフォーマンスは盛況の一言でした。

 

カワイイをコンセプトに世界を席巻し続ける

BABY METALは海外での評価が高い珍しいバンドです。

日本ではコアなファンを除けば評価は低いかもしれません。

 

BABY METALの概要と評価とは

3人組 メタルバンドBABY METALはSU-METAL(Vo)、

YUMIMETAL(ダンス)、MOAMETAL(ダンス)と平均年齢十代の

3人の女性と神バンドと呼ばれるバックバンドとの融合で海外での評価が高く、

最近ではBillboadでのランクインを果たすなど日本より海外での評価が高いです。

 

キツネ様の力により音楽を奏でているという面白いスタイルと

彼女達のファッションのクールさが受けています。

元々はアイドルグループ「さくら学院」から派生したグループでしたが

ここまで大きくなるとは想像できたでしょうか。

 

彼女たちの成功と過小評価

社会では過小評価という言葉が良く使われる場面があります。

日本でのBABY METALの評価を見るとその言葉を思い出します。

日本でも一定の評価を得ていますが、

海外と比べると評価が低いような気がします。

 

海外での方がコアなファンを増やし更には

メタリカという大物が認めた事で評価は上昇しました。

これをビジネスに置き換えると実力もありながら中々認められない人はいますね。

実績もあるのに結果(評価)がついてこない、

そんな時期や人もいます。しかしここでくすぶってはいけません。

 

彼女達の努力に学ぶ

彼女たちの足跡を見ると地道な努力が実を結んだと思われます。

ライブを重ね評価を積み重ねた結果がこのような成果として表れました。

そしてもう一つプロモーションの良さが光ります。

You Tubeでの再生回数は数十万回を越えました。

 

中々結果が出ない人はもう一度見直してみるといいです。

効率的なプロモーションと成果の積み重ねで評価は地道についてきます。

それを彼女たちが証明してくれています。

 

初めは色物としてアイドルともメタルとも区別できない姿勢が評価しづらい所でもありました。

それが大きい波となっていき結果として評価されている過程をみるとビジネスも同じと言えます。

素材が良くても結果が付いてこないと思われる方でも、

地道な努力で大きな成功が得られるかもしれません。

一つ一つが道として繋がるような感覚があります。
 
ブックメーカー画像